ハード(音楽制作機材)の選び方

シンセサイザー

「省エネ作曲講座」ということで、小スペースでも可能な機材、またできるだけ安価で満足できるものを紹介したいと思います。

DTM超初心者講座でも説明しましたが、DAWを使って音を出したいというだけでしたら、DAWをインストールして音の出力先をパソコンのスピーカーに設定するだけで可能です。
しかし音の遅延なく再生したり、いい音質で外部スピーカーを使いたいという場合はオーディオインターフェイスが必須ですし、マウスでポチポチとやるのではなく同時に複数の音を扱いたいのであればMIDIキーボードが必要になります。

さらに、ボーカル録音がしたいときはマイク(と音をパソコンに取り込むためのオーディオインターフェイス)、夜中でも大きな音でモニタリングしたいときはヘッドホン、複数の音源や機材をまとめたいときはミキサー、といったように制作スタイルによって必要な機材はどんどん増えてくると思います。

音楽制作機材は上を見たらキリがないので、値段と性能のバランスが取れたものを選ぶことが大事です。
ここではコストパフォーマンスに優れたものをピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSでこの記事をシェア