【マスタリング】-14LUFSを目安にするのをやめたワケ【ラウドネスノーマライゼーション】

マスタリングの目安は-14LUFS?
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

音楽制作をする上で悩みの種になるのが音圧調整の部分です。

かつては曲の音圧をいかにして上げるかというのが個人音楽制作者(DTMer)の課題だったのですが、数々の優秀なプラグインの登場により、音圧を上げること自体は非常に簡単になりました。

今問題となっているのは、マスタリングにおいてどこまで音圧を上げるべきか、ということです。

現在の音楽鑑賞の主流となっている音楽ストリーミングサービスでは、ラウドネスノーマライゼーションにより、曲の音をいくら大きく仕上げても、再生時に一定の音量に抑えられてしまいます。

その基準というのは各社バラつきがありますが、だいたい-14LUFS(Integrated)前後になっています。
実際にストリーミング大手のSpotifyでは「マスタリングのヒント」として、-14LUFS(Integrated)、-1dBTP(トゥルーピーク)の設定を推奨しています。

こういったことから、これからの音楽制作は、この基準に合わせた音圧調整が必要なのではないかという議論があるわけですが、いろいろ調べて自分なりに考えた結果、この基準(-14LUFS/-1dBTP)に合わせるのをやめることにしました。

これは賛否両論があると思うので、この記事を参考に、というのではなく、ひとつの意見として捉えていただければと思います。

LUFSについてはラウドネスノーマライゼーションの記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

※この先の文章に出てくるLUFSはすべて、曲全体の値であるIntegrated(インテグレイティド/統合)になります。

私が目安にしているLUFS

実機のコンプレッサー

まず最初に結論、というか現在私がマスタリングをするときにターゲットにしている数値を発表します。

-8.5LUFS前後

この数値は、現在の一般的なポピュラーミュージックのCD音源に近いもので、音圧もしっかりあります。

LUFSは曲調や曲の展開によっても変わってくるので(たとえばサビは大きくてもそれ以外が静かだとLUFSの数値はそれほど上がらない)、この数値にこだわっているわけではありませんが、ボーカルやビートがある一般的な曲の場合は、だいたいこの範囲に収めるようにしています。

曲調にバラつきがある場合は、Momentary(400ms間の最大ラウドネス。曲中で瞬間的に一番音が大きいところ)を参照することもあります。こちらは-4.5〜-5.0を目安にしています。

これらの数値はもちろん音楽のジャンルによって違いがあり、EDM系の曲ならもっと高いですし、ジャズなどのアコースティックなジャンルなら低くなります。要はそのジャンルのCD音源に近いLUFSということです。

-8.5LUFSにした理由

マスタリングをする際に、おそらく多くの人はプロのエンジニアが手がけた楽曲を参照すると思います。いわゆるリファレンス曲というものです。
個人的にはプロの曲の中でも、アメリカのヒットチャートに載るようなメジャーな最新曲を参照することが多いです。最先端かつ今のトレンドが反映されていると思うからです。

そうした楽曲を聴いてみると、ストリーミングサイトにおいても-14LUFSより上の、音圧をしっかり上げた音源が配信されていることがわかります(アプリではなくパソコンのブラウザで聴くとラウドネスノーマライゼーションがかからないので)。

プロが-14LUFSをターゲットにしていないなら、自分もする必要はないじゃない、というのが、これまで通り音圧を上げることにした一番の理由です。

実際には-8.5LUFS(Integrated)より大きいプロの曲もたくさんありますが、自分の場合だとそれ以上にすると大きすぎるように感じるので、この数値程度に留めるようにしています。

Check!

ここであげている数値は、ざっくりとした目安でしかありません。プロのアルバムでも、1枚を通してLUFSがだいたい同じくらいに設定されているかというとそんなこともないわけで、最終的には「聴いた感じ」が大事だったりします。まあそれを言ってしまうとこの記事の意味がなくなってしまうのですが……。

プロが-14LUFSをターゲットにしない理由についての考察

Target LUFS

なぜプロは、ストリーミングサイトのラウドネスノーマライゼーションによって音量が下げられてしまうのに、-14LUFSをターゲットにしないのか。これについてはいくつか理由が考えられます。

まず、ストリーミングサイトとCD&ダウンロードで、音源を分けることができないというのがあげられます。
分けてしまうとマスター音源が2つできてしまい、それぞれに識別コードが付与され、同一曲として管理することができなくなってしまいます。

また、ストリーミングサイトに合わせてマスタリングした-14LUFSの音源と、CD&ダウンロード用の-8.5LUFSの音源があった場合、この2つの音質は誰が聴いても明確に異なります。互いが互いのリマスタリングバージョンのような状況になってしまうわけです。
新曲を発表するときに、音質が違う2つのバージョンを同一のものとしてリリースするというのは現実的ではありません。

では、ひとつのマスター音源をリリースするとして、それを-14LUFSにしない理由とはなにか。
これに関しては推測ですが、以下のようなことが考えられます。

・音圧をこれまでのCD音源と同じくらい上げたもののほうが、音質的に好ましいと感じる。

・-14LUFSまで下げてしまうと、ラウドネスノーマライゼーションがかからない環境で、ほかの曲と音の大きさの差が出てしまう。

・基本的にラウドネスノーマライゼーションは音量を下げるだけなので気にしていない。

誤解を恐れずいうと、現代のポピュラーミュージックにおいては、曲のダイナミックレンジというのはただ広ければいいというわけではなく、ある程度の圧縮感があったほうが迫力が出ていい音に感じられるのではないかと思います。
リスナーもCD音源の音圧に慣れているので、それくらいあったほうが聴きやすいと感じるのかもしれません。

そもそもラウドネスノーマライゼーションというのは業界で統一されたものではなく、音楽配信サイトを運営する企業が独自に定めたものです。それぞれ異なる基準を採用し、この先それが維持されるかどうかもわかりません。実際にYoutubeでは-13から-14に変わったようですし。

また、環境によってはラウドネスノーマライゼーションを解除することもできますし、Spotifyのように-14以上(-11LUFS)の設定にすることも可能です(プレミアムプランのみ)。Spotifyに関しては、マスタリングのヒントとして-14LUFSを推奨しているのに、それ以上の設定にできるのはなぁぜなぁぜという感じですが(古い)。

結局のところ、ラウドネスノーマライゼーションを気にする必要があまりない、とプロは判断しているのかなと。

Youtubeでは、アップロードした動画に対して強制的に-14LUFSのラウドネスノーマライゼーションがかかりますが、プロのMVを見てみると、多くのものはガッツリと音量を下げられていますしね(演技などのパートが入る場合を除く)。

まとめ

なにか音響学的な考察があるわけではなく、プロに倣って自分の曲もこれまで通りの音圧でいくことにした、という、かなり他人任せな内容でした(笑

プロ任せということは、今後の動向次第で今回あげた数値も変わっていくと思いますが、音楽業界でラウドネスの統一基準が作られて、それが音楽プレーヤーにも適用されるようになるまでは、おそらくこのままでいくのではないかと思います。

ちなみにもうひとつ、LUFSとともに語られることの多い、True peak(トゥルーピーク)というものがあります。
こちらについては次回。