かつて存在したアマチュア向け音楽配信サイトをまとめてみた

アマチュア向け音楽配信サイトの行方
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

人に歴史あり、そして音楽投稿サイトにも歴史あり、ということで、かつてあったアマチュア向けの音楽配信サイトをまとめてみました。
説明文は、当時このサイトで紹介していたときのものです。

現在も稼働中のアマチュア向け音楽配信サイトについてはこちらから↓

muzie(ミュージー)1999〜2017

http://www.muzie.ne.jp/

「日本最大級のインディーズ&アマチュア音楽コミュニティーサイト」と銘打たれているように、18万曲を超える膨大な楽曲が登録されています。無料で審査もなく簡単に登録でき、muzie-shopでCD販売も可能です。楽曲をアップロードしてから掲載までに数日かかります。

muzieは2016.10.17にBIG UP! FREEに名称変更し、2017.5.31に音楽配信代行サービスBIG UP!に統合されました。アマチュア向けの投稿機能もなくなり、これをもってmuzieの歴史は終了しました。

プレイヤーズ王国/MySound(マイサウンド)2000〜2009

http://players.music-eclub.com/
http://mysound.jp/

ヤマハ株式会社が主催する音楽コミュニティーです。ほかのサイトと比べて特徴的なのは、コピー曲も公開可能というところです。VOCALOIDコンテスト等、独自の企画もあります。

2000年12月に開設されたプレイヤーズ王国は、2007年9月にMySoundユーザースペースに名称変更し、2009.12.22をもってサービスを終了しました。

NEXTMUSIC(ネクストミュージック)2001?〜2010?

http://www.nextmusic.net/

かなりの数の楽曲が登録されているインディーズ音楽配信サイトです。コミュニティーも充実しています。独自のコンテストを開催するなど、アマチュアミュージシャンをサポートする機能が充実しています。

当時のコラム(→最近の音楽配信事情2010)に、“サイトの整理をしていたら、去年の暮れに「MySound」のユーザースペースが終了していたことに気づきました。「NEXTMUSIC」にもつながらないです(閉鎖の噂も)”と書いてありました。なにかプレスリリースが出ていないかと探したのですが、見つからず。突然サイトにつながらなくなり、そのままサービスが終了したようです。

mF247(エムエフニヨンナナ)2005〜2013

http://www.mf247.jp/

SME元代表取締役社長の丸山茂雄氏が手掛ける音楽配信サイトです。
初期登録料9,000円、1曲ごとに1,000円かかります(2008年1月1日より無料キャンペーン実施中)。有料配信も可能です。楽曲登録には審査がありますがこれは無料です(つまり審査が通った後に登録料、楽曲料を払うということです)。審査は音質が特に重視されている印象を受けます。

業界関係者によるレコメンドも多く、mF247から発売されるCDに収録される可能性もあるので、アマチュアの方にとっては非常に展望のあるサイトだといえます。

mF247は2008.8.31に一時休止。その後ニコニコ動画と提携し、2009.3.25にmF247 Episode 2として音楽配信を再開しましたが、2013.2.28をもってサービスを完全に終了しました。

CREOFUGA(クレオフーガ)2006〜2020

https://creofuga.net/

アイドルの楽曲募集コンテストやカバー曲コンテストなど、アマチュアのアーティストにとっていい力試しの場になると思います。優秀な作品に対して特典が用意されているものもあります。

以前はアーティストやユーザーが出した「お題」に対してそれに沿った楽曲を投稿するという機能があったのですが、リニューアル後はコンテストに絞ったサイトになったようです。

CREOFUGAは、2020.6.30に終了しました。
今後は同運営会社による音素材販売サービス、Audiostockに注力していくようです。

こえであそぶ koebu(こえ部)2007〜2016

http://koebu.com/

お題に対して声を投稿するスタイルのサイトですが、音楽配信的な使い方もできます。曲だけでなくセリフやボイスドラマなど、声優やアニメ、演劇などに関心がある方にも親和性が高いサイトです。

koebuは、2016.9.30に終了しました。

OK Music(オーケーミュージック)2011〜2019

http://creators.okmusic.jp/

SNS的性格の強い音楽配信サイトです。
アーティストページを作成し、音源を投稿するという流れになっています。曲を再生すると、その曲に付けられたスタンプが画面上にわき出るおもしろい仕掛けがあります。

OKMusic For Creatorsは、2019.3.15に終了しました。

当時の感想→アマチュア向け音楽配信サイトのニーズがなくなってきているのか、大手に集約しはじめたのか、いずれにせよ選択肢が狭まりつつある状況です。

Myspace(マイスペース)2003〜

Featured Content on Myspace
Featured Content on Myspace

全世界2億人を超える参加者がいた、かつての世界最大のSNS。
今回紹介したなかで唯一今も存在するサイトなのですが、アマチュア向け投稿サイトとしてはもう機能していない感じです。

↓以下は当時の状況です。

音楽制作者向けのアーティストページも充実していて、曲ファイルをアップロードしてプロフィールページにて公開することができます。有名アーティストも多数参加しており、新曲の先行試聴もよく行われています。
ほかの配信サイトと比べるとやはりSNSとしての特徴が強いので、曲を聴きにきてもらうというよりも、自ら交流を持ってどんどん発信していく、といった使い方が適しています。

2014.6.1追記
いつのまにか日本語サポートのページもなくなり、なんだか迷走している気配です。アマチュアミュージシャンの発信場所としては今はSoundCloudを選択したほうがいいかもしれません。
今をときめくカルヴィン・ハリスを輩出し、かつてはFacebookと並び称されるほどだったのにどうしてこうなった……。

2019.3.20追記
ネットで久々に名前を見かけたと思ったら……
Myspace12年分のデータが消失!自分の曲もやはり消えていた…

あとがき

栄枯盛衰。さまざまな音楽投稿サイトが生まれ、そして消えていきました。

結局のところ、アマチュア向けの音楽配信サイトは儲けを出しにくいんでしょうね。身もふたもないですが。
世界最大規模のSoundCloudでさえ経営難になったことがありましたし、人がたくさん集まったとしても、収益性の面では低そうです。

かつてmF247がニコニコ動画と提携したときのWebニュースに、以下のようなくだりがありました。

mF247には広告も掲載しておらず、収益モデルはまだない。まずは広く登録アーティストを募り、「楽曲の着うたやCD化、カラオケ配信や、アーティストグッズ販売のお手伝い」などで収益化していく考えだ。(ITmedia NEWS 2009.03.25)

当時は広告以外の収益源としては上記のようなものしかなかったわけで、アマチュア向け音楽配信サイトを稼げる事業にするのは至難の業だったと思います。

今だと安定的な収益を得るためにサブスクを採用するサービスが多いですが、サイトにあるのがアマチュアの曲だけだとリスナーがお金を払って登録することは考えにくいですし、一方クリエイターも、よほどのインセンティブがない限り無料プランで使い続ける人がほとんどだと思われます。

つまりは現在においても、アマチュア向け音楽配信サイトの収益性の低さはあまり変わっていないと考えられます。

プロ志向ではないけれど、趣味で曲を作ってそれをアップして、リスナー、あるいは同じジャンルを愛好するクリエイターから感想をもらって交流する、といった、かつてのある種牧歌的なアマチュア向け音楽配信サイトはもうほとんど残っていません。

現在ではツイッターやYouTubeなど、規模が大きく多様な機能を持つWebサービスが人気です。こういったWebサービスを横断的に活用するのが、今の時代のアマチュアミュージシャンの「音楽配信」なのだと思います。