「歌ってみた」初心者のためのボーカル録音講座/Index

ボーカルレコーディングをする女性

歌手や声優、ナレーターなど、自分の歌や声で活動していきたいと思ったときに、ステージで直接披露することのほかに、もうひとつ欠かせない要素があります。

それは歌をレコーディング(録音)することです。

歌を録音してデータにすることで、ネットで配信したりCDにしたりして、より多くの人に自分の声を届けることができます。

しかしただ手元にある機器でなんとなく録音しても、自分が普段聴いているプロの音とはかけ離れたものしか録れず、きっと満足はできないはずです。

ここでは自分の歌をよりよく聴かせるため、またプロっぽく仕上げるために、どのような機材やセッティング、ソフトを使ってレコーディングしていけばいいかについて解説していきます。

チャプターは以下の4つに分かれています。

1. マイクをはじめとする機材の選び方
2. 機材のセッティング方法
3. レコーディングの実践
4. データの編集やミックス

基本的にはボーカリストを想定した内容ですが、声優やナレーターなど、声を使った職業を目指す方にも役立つと思います。

スポンサーリンク

ベースはパソコンで

ここで解説する内容は、パソコンがあることが前提になります。

今はスマホでなんでもできる時代で、実際スマホでレコーディングもできますが、やはり録音や編集作業の利便性を考えるとパソコンをベースにするのが一番です。

音楽制作に使うパソコンは高スペックのものではないとだめだと思うかもしれませんが、たくさんのトラックやプラグインエフェクトを使うのでなければ、一般的な性能のもので十分です。
目安としてはメモリが4GBくらいあるものでしたら問題なく使えると思います。

家族が使っていないパソコンがあればそれを使ってもいいですし、中古のノートパソコンを安く手に入れるのもありです。
最近はiPad対応の機材も増えているので、iPadがあるならそれを利用するのもいいでしょう。

機材はコスパ重視

レコーディングのための機材は、いいものを選択すれば天井知らずの値段になってしまいます。
ここでは初心者に最適な、安くてなおかつ十分な品質を備えたものを中心に紹介していきます。

録音に必要な定番機材として、マイク、オーディオインターフェイス、マイクスタンド、ポップガードがあげられますが、ここで紹介している商品で最低限のものをそろえれば、だいたい18,000円くらい(パソコン除く)で収まります。
このくらいの値段だったら学生の方でも手が出せるのではないかと思います。

ボーカル録音講座 目次

【ボーカル録音講座1 – 準備編】

「歌ってみた」初心者が選ぶべきオススメのマイク

「歌ってみた」初心者にオススメのオーディオインターフェイス

「歌ってみた」初心者にオススメのマイクスタンド&ポップガード

【ボーカル録音講座2 – セッティング編】

マイクの向きは大丈夫? – 宅録派向けマイクセッティングの方法

宅録派のためのノイズ&防音対策

【ボーカル録音講座3 – 録音編】

Audacityの使い方(録音編) – 初心者向けのレコーディング方法

 

スポンサーリンク