コンパクトなWi-Fi中継器「I-O DATA WN-G300EXP」を買ってみたものの…

I-O DATA WN-G300EXP

新しく買ったテレビがAndroid TVというネットに接続できるもので、それでAbemaTVを見たりしているのですが、ルーターから壁を隔てたところにテレビがあるためか、たまにクルクルマークが出て止まったり、接続が切れてしまうことがあります。

Wi-Fiの電波を強くするようなものがないかなと思ったら、Wi-Fi中継器なるものがあることを発見。世の中需要があるものにはそれに対応する商品が用意されているものなんですね。

様々な商品がある中で選んだのが「I-O DATA WN-G300EXP」。今回はそのレビューです。
DTM微塵も関係なし(笑。

スポンサーリンク

WN-G300EXPを選んだ理由

このWi-Fi中継器を選んだ理由としては、まずは値段があげられます。
2千円台と、この手の商品の中では最安ではないものの、比較的安価な部類に入ります。
仮に失敗したとしても、まあいいかなと思える値段です。

もうひとつはサイズです。
42mm × 42mm × 33mm(奥行き)と、かなりコンパクトな設計になっています。
アンテナが内蔵されているので場所を取らず電源タップ感覚で使えて、デザインもゴテゴテしていないところが好印象です。

ちなみにコンセントの差込口が2個の場合はもうひとつの邪魔にならずに差すことができますが、3つの場合はほかの差込口に重なってしまうため、電源タップを使うなど工夫する必要があります。

コンセントに差したWN-G300EXP

3個口のコンセントの真ん中に差すという一番無駄な使い方

WN-G300EXPの使い方

使い方は3ステップ。

1. 親機のルーターの近くのコンセントにWN-G300EXPを差す(Bluetoothでいうところのペアリングをするため)。
2. 親機のWPSボタンを長押しして点滅させ、そのあとWN-G300EXPの「WPS/初期化」ボタンを緑点滅するまで押す。そのまま2分ほど待ってランプが青になったら接続完了。
3. WN-G300EXPをコンセントから抜いて、Wi-Fiを中継したい場所のコンセントに差す。

「WPS」というのは面倒な設定をしなくてもルーターと子機を無線LANで接続できる機能のことです。
WPSのほかに、BUFFALOの「AOSS」とNECの「らくらくスタートボタン」という規格もあり、このどちらにもWN-G300EXPは対応しています……が、私が使っているルーター「NEC Aterm WD701CV」に付いている「らくらく無線スタート」には対応していないようで、うんともすんともいいません。まあ今までこのボタンを使えた試しがないので想定内ではありました。

このような場合は、スマホとパソコンのどちらかを使って、手動で親機に接続する必要があります。
私はスマホを使いました。詳しい設定方法は説明書に書いているので省きますが、簡単に説明すると、スマホのWi-Fi設定から接続先をIO-Setupに変えて、ブラウザから説明書に記載されているアドレスにアクセス。そこで親機の暗号キーを入力すればOKです。
特に迷うこともなく簡単にできました。

使ってみた結果

ネット接続できるテレビは、ルーターを置いてある部屋から壁を隔てたところにあるので、テレビとルーターの場所を頂点として、三角形になるような位置にWN-G300EXPを設置しました。

その結果、AbemaTVの映像が止まるときに表示されるクルクルマークが、なんと……

出た……_| ̄|○

スマホのWi-Fi設定のところで電波の強弱を測れることに今さら気づいて、WN-G300EXPを付けた状態と外した状態でテレビまわりをチェックしてみたのですが、どちらも「非常に強い」となっていました。
よくよく考えてみると、一階と二階みたいに距離があるわけではない環境で、壁一枚隔てたくらいでWi-Fiが届かなくなるなんてことはまずないんですよね。

要するにこの家のWi-Fiが、そもそも途切れがちなものだったということのようです(おもに回線混雑時間帯に)。
まあ基本的には安定していてたまにそうなるだけなので、めちゃくちゃ困っているわけではなかったんですけどね。

WN-G300EXPに関してはしっかり動作していて、テレビの位置よりさらに遠いベッドルームの、今までWi-Fiが届きにくかった場所にも電波が届くようになりました。たいして意味はありませんが(笑

今回の教訓。
先入観(Wi-Fiの電波が届いていないに違いない)を排し、しっかり調査(実際にどれくらいの強さの電波を受信しているのか)してからものごとを判断しよう。

またひとつ成長してしまった(ポジティブシンキング)。

モノはしっかりしていてWi-Fiの電波範囲を広げてくれますが、本当に必要かどうか確認してから購入しましょう(笑

あと、本体が少し熱くなるのでずっとコンセントに差しっぱなしにするのはちょっと不安です。使わないときは外しておいたほうがいいかも。
一度ペアリングすると、コンセントに差し込むだけですぐ認識するので手間はかかりません。

スポンサーリンク