モニタースピーカーのオススメはこれ!

スピーカー

スピーカーにはパワード(アクティブとも呼ばれます)とパッシブの二種類があります。

スピーカーから音を出すにはアンプで音を増幅する必要があるのですが、パワードタイプにはアンプが内蔵されているため、オーディオインターフェイスから直接ライン接続して使うことができます。

一方、パッシブタイプは外部のアンプと組み合わせて使用するスピーカーです。音楽鑑賞用のオーディオコンポのスピーカーはたいていパッシブで、アンプが入った本体部分とスピーカーケーブル(先が二股でスピーカーの接続部にはさむタイプのやつです)を使って接続します。
もしオーディオインターフェイスと接続するなら、オーディオインターフェイス→アンプ(アンプを内蔵した本体)→パッシブスピーカー、といった流れになります。

パッシブの場合は組み合わせるアンプとの相性を考えなくてはいけませんが、パワードの場合はそのスピーカーにあったアンプが内蔵されているので、相性に悩む必要がありません。
というわけで、DTM用にスピーカーを購入するなら手軽にセッティングできるパワードがオススメです。

パワードならどんなスピーカーでもいいかというとそんなことはなく、スタジオなどで音の確認に用いられるモニタースピーカーと呼ばれるものを選択する必要があります。

モニタースピーカーは、普通のスピーカーと構造が異なるわけではありませんが、フラット(高音から低音までバランスがよく原音に忠実であること)な音質でミキシングなどの音楽制作に用いられることを目的として作られています(音質に数値的な基準があるわけではないので、音の傾向はメーカーによって異なりますが)。

自宅で使用するなら、コンパクトで近距離(ニアフィールド)でのリスニングに適したものがいいでしょう。
スピーカーは一本単位で販売されているものが多いので、購入前に確認する必要があります。

オススメのモニタースピーカー

・FOSTEX PM0.4c

確かな音質とコスパの高さで人気のFOSTEX PM0.4の最新モデルがPM0.4cです。

中域がはっきり聴こえる音質で、リスニングも楽しめます。
パソコンの横に置いても邪魔にならないサイズなので、コンパクトな音楽制作システムを構築したい方にオススメです。
ペアで二万円弱で買えるのでかなりお得だと思います。

再生周波数帯域:60Hz〜20kHz/出力:30W+30W/サイズ:130(W)×220(H)×169(D)mm/重量:2.4kg(R側)2.1kg(L側)
FOSTEX PM0.4c製品情報(メーカーサイト)

・KRK Rokit 5 G3

KRKのスピーカーは、多くのトラックメーカーに支持されているモニタースピーカーです。

その最大の特徴は、リッチな響きの低域にあります。
クラブミュージックに限らず、現在のポップスでは低域の存在感がミキシングにおいて重要になっています。低域がしっかり出て音像も鮮明なKRKのスピーカーでミキシングすれば、現代的なサウンドを実現できるでしょう。

背面には高域と低域のレベルを調整できるツマミがあるので、部屋の環境に合わせてセッティングすることができます。

再生周波数帯域:45Hz~35kHz/出力:50W(高域20W+低域30W)/サイズ:185(W)×282(H)×230(D)mm/重量:6.4kg
KRK ROKIT 5 G3製品情報(メーカーサイト)

※追記(2019.6.4)
2019年1月に、KRKからRokit 5 G3の後継機種「Rokit 5 G4」が発表され、現在Rokit 5 G3は手に入りづらい状況になっています。
じゃあG4にすればいいじゃん、と思いきや、Rokit 5 G4はいまだ日本では発売されていないようです。なぜだ……。

SNSでこの記事をシェア