ヘッドホン

ヘッドホンをする女性

曲の最終的なミックスはスピーカーで行うのが一般的ですが、細かい音やノイズ、定位のチェックにはヘッドホンが使われます。夜に大きな音が出せない環境での音楽制作にも必須といえます。

ヘッドホンには、家で音楽を楽しむためのリスニング用や、外出時に使える小型でデザイン性が高いモバイル用などがありますが、音楽制作において使われるのはモニターヘッドホンです。
モニターヘッドホンとはその名の通りモニター用のヘッドホンのことで、音に色づけがされておらず、フラット(原音忠実)な音質であることが特徴です。

オススメはやはりSONYの「MDR-CD900ST」。どこのレコーディングスタジオにもある業界標準の定番ヘッドホンです。

SONY(ソニー) MDR-CD900ST

メーカーHP製品情報

SONY MDR-CD900STはスタジオでの使用を目的として開発されたヘッドホンで、原音のイメージをそのまま再現するピュアな音質を持っています。音の輪郭が明瞭で、さらに分解能が高くノイズも見つけやすいので、ミックス時に非常に役立ちます。

MDR-CD900STをオススメするのは性能以外にも理由があります。

まずはメンテナンスのしやすさ
長年親しまれている定番製品なので、傷みやすいイヤーパッドなど、メンテナンスパーツの入手に困りません。
ディスコン(製造中止)の心配がないというのは大きいと思います。

もうひとつは、業界でもっとも使われているヘッドホンということ。
MDR-CD900STの音を「基準」と考えると、仮に環境が変わってもミキシングにぶれが出にくくなります。プロ志向でスタジオワークも視野に入れている方に特にオススメできる一品です。

スポンサーリンク