このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトの選び方

DAW

店頭には数千円から十万円近いものまで、多くの作曲ソフトが並んでいます。
おすすめはDAWと呼ばれるソフトです。DAWとはデジタルオーディオワークステーションの略で、これひとつでオーディオの録音からミキシング、マスタリングまで可能で、さまざまなプラグインを使うことによって効果的な音を作り出すことができます。昔はシーケンスソフトと呼ばれていましたが、ほとんどのソフトがMIDIだけでなくオーディオデータも扱えるようになり、それにともない名称も変化したようです。

もう少し詳しく説明すると、かつてのDTMというのはMIDIという規格を使って音源(箱型のハードウェア音源)をソフトでコントロールすることが主目的であり、それ以外のレコーディングやミキシング、マスタリングなどは専門のスタジオで行うのが一般的でした。
現在では音源のコントロールだけでなく、マイクや外部音源から録音したものを曲に使ったり、それらにエフェクトをかけたりイコライザーで音質の調整をしたりと、曲作りの最初から最後まで行うことができる高い自由度を持つようになりました。
現在の発売されているDAWの中でメジャーなものは

・STEINBERG Cubase(※Windows・Mac両対応)
・APPLE Logic(※Mac専用)
・CAKEWALK Sonar(※Windows専用)

などがあげられます。
これらのDAWは、付属のプラグイン数やサラウンドミックスが可能かどうかなど、その機能によってグレードが分かれています。

DAWの選び方

上にあげたDAWは、音楽制作という点において、基本的な性能の差というのはほとんどありません。
録音した音を編集できるオーディオパートと、打ち込みで音を作るMIDIパート、それらを統合するミキサーパート、大体こんな感じです。
操作性についても結局のところ“慣れ”が重要なので、どれが一番使いやすいというのは特にないと思います。

1.使っているパソコンのOS
2.価格
3.付属している音源・エフェクト
4.作りたい曲のジャンル
5.好きなアーティストが使用している

選択のポイントはこんな感じでしょうか。
3はコストパフォーマンスにも関わってくるので、結構大きなポイントになると思います。4は、DAWの機能的な差は少ないと先に書いたのですが、たとえばABLETON Liveなど、ライブパフォーマンスにも力を発揮するようなソフトもあるので、自分のやりたい音楽が明確な場合は、それに適した機能を持つDAWの選択が重要になってきます。5は、どれを選んだらいいのかよくわからなくなった方向けです(笑。曲作りのモチベーションも上がるし意外と有効かもしれません。

あとは身もふたもないですが、人気があるソフトを選ぶのが無難です。人気があるということはユーザーも多いということであり、その分関連書籍や解説サイトなど、情報もたくさん手に入ります。
DAWというのはそんなにころころ変えるものでもないので、最初の一本は慎重に選びましょう。

とりあえずオーソドックスなDAWがほしい、という方は、STEINBERG Cubase、APPLE Logic、CAKEWALK Sonarあたりを買っておけばまちがいないです。
ちなみにこれらのソフトにはアカデミック版が存在するので、学生や教育関係者の方はそちらをチェックしてお得に手に入れてください(購入に際し身分証明書の提示が必要になります)。

STEINBERG Cubase
APPLE Logic
TASCAM Sonar
IMAGELINE FL Studio
ABLETON Live

ほとんどのDAWでは、あらかじめいくつかのソフトウェア・シンセサイザー(ソフトシンセ)がバンドルされていて、すぐに曲作りをはじめることができるようになっていますが、付属の音源ではもの足りない場合は別に音源を用意する必要があります。
最近ではソフトシンセが主流になっていますが、ハードウェア音源もライブなどでその力を発揮しています。音源については音源の選び方の項で。
また無料で使えるDAWもありますのでフリーソフトの項をご覧ください。

関連書籍