AUDIONAMIX ADX TRAXの紹介サイトを閲覧中に訪れたどうでもいい偶然

 曲のボーカルだけを抜いてそれに自作のトラックをかぶせてリミックスするというのは、DTMで音楽を作っている人なら結構な割合でやったことがあると思います。
 歌と伴奏を分離するツールといえば「歌声りっぷ」が有名ですが、これは元になる曲とその曲のカラオケバージョンが必要です。また、こうしたソフトを使わず、DAWで元の曲と位相を反転させたカラオケを重ねるという方法もあります(私はうまくできた試しがありませんが)。

 AUDIONAMIX ADX TRAXは、カラオケバージョンを必要とせず、元になる曲のみで、歌と伴奏を分離することができます。どうすればこんなことができるのか、本当にびっくりするような機能です。
 これを使うことによって、たとえばパラのトラックのデータが残っていない古い曲の、より緻密なリマスタリングやリミックスも可能になりますし、ボーカルだけでなく特定のメロディーを抜き出すこともできるようなので、楽器のフレーズなどをヒップホップ的にサンプリングすることにも使えそうです。
 また、映像作品のセリフとBGMや背景音の分離も可能なので、音楽制作以外の分野でもさまざまな活用法が期待できます。
 アマチュアユースで考えると、同じようにボーカルを抜いてのリミックスが考えられますが、当然ながら著作権的にひっかかるので個人で楽しむ以上のことはできません。なにかおもしろい使い方があるかもしれませんが、自分には今のとこ思いつかないので、ここは買った人に任せることにします(笑

 ところで先週このソフトを紹介しているサイトを見ていると、ちょうどタモリ倶楽部がはじまったのでひとまずそちらを見ることにして、CMになったときに再びサイトに目を戻してデモムービーをクリックしました。

 サンプルに使われている曲がタモリ倶楽部でおなじみのあの曲で、あまりのタイミングの良さというか偶然に思わず笑ってしまいました。

2015.9.5